【購入方法】
  からご購入いただけます!
 

【製品概要】

ストレートかつハイテンションに!伝説の紅き英雄の調べがここに蘇る!!!

 2010年6月10日発売予定のNDS用ソフト「ロックマンゼロコレクション」にあわせて、サウンドトラックがリリース決定!収録曲は、同ソフトのタイトル曲ほか、ロックマンゼロシリーズから選りすぐった曲をリニューアル・リマスターアレンジ!
 スペシャルトラックとして、糸賀徹の作詞、歌唱による、ロックマンゼロ3のスタッフロール曲「Everlasting Red」のボーカルアレンジも収録!
 
全13トラックは選りすぐった曲をリニューアル・リマスターアレンジ!】
■TRACK LIST
01: Final Match
02: Departure - Mythos Ver. -
03: Esperanto - Mythos Ver. -
04: Sand Triangle - Mythos Ver. -
05: Resistance - Mythos Ver. -
06: Neo Arcadia - Mythos Ver. -
07: Enemy Hall - Mythos Ver. -
08: Hell's Gate Open - Mythos Ver. -
09: Silver Wolf - Mythos Ver. -
10: Straight Ahead - Mythos Ver. -
11: I,0 Your Fellow - Interlude -
12: Everlasting
13: Area of Zero - Mythos Ver. -

All arranged by III

music by Ippo Yamada
music by Ippo Yamada
music by Luna Umegaki
music by Tsutomu Kurihara, Ippo Yamada
music by Ippo Yamada
music by Ippo Yamada
music by Ippo Yamada
music by Ippo Yamada
music by Luna Umegaki
music by Ippo Yamada
music by Ippo Yamada
words by Toru Itoga music by Ippo Yamada
music by Ippo Yamada

試聴曲の紹介
Track01 Final Match
   IPPO作曲による、ゼロコレのオープニングタイトル用の新曲です。ギターリフの出所は、あの曲…ですよね?タイトル曲ということで元々はかなり短いのですが、このアルバムのためにIPPO自身がロングバージョンとしてアレンジし直し、聴き応えのある構成にパワーアップさせています。

Track02 Departure
   ゼロ2のオープニングステージBGM。「出発」という曲名にふさわしいアレンジにせねば!ということで、"新たなる出発"をテーマに、ビート感を重視したハードな雰囲気で仕上げました。

Track08 Hell's Gate Open
   ゼロ3より、アンダーアルカディアステージBGM。ポジティブな力強さと、シリアスな雰囲気がうまい具合に融合したドラマチックなナンバーです。イントロのリフからイメージを膨らませ、原曲の持つロックな部分をさらに強調してみました。

Track12 Everlasting
   ゼロ3のスタッフロール曲「Everlasting Red」を、再び糸賀さんを迎えてボーカルアレンジにしました。Aメロ、Bメロのエモーショナルな歌声と、サビでの力強い歌声の対比が絶妙です。多面的な解釈ができそうな歌詞は、糸賀さんによれば「感情の再生」をテーマにしているとのこと。アレンジ面でも、情感豊かなサウンドにしたいという思いから、生のギターやベースを中心にしたバンドサウンドとして組み立てました。
 
【スペシャルトラック「Everlasting」は糸賀徹が熱唱!】
参加アーティストのコメントを紹介


山田一法(IPPO YAMADA)

『全てのロックマンゼロファンへ。何も言わず、是非、一度聴いてください!
 わずか一ヶ月弱の製作期間でしたが、
 いろいろな想いを注ぎ込んだ一作になったと思います。
 楽しんでくれれば、プロデューサ冥利に尽きます。
 理想だと!?・・戯言だ!』

川上領(RYO KAWAKAMI)
『ゼロサウンドの進化形を目指して、全力でアレンジしました。
 ゲストミュージシャンの方々の演奏も大変素晴らしく、
 パワフルでメロディアスなアルバムに仕上がっています。
 ぜひ大音量でお楽しみください!』


糸賀徹(TORU ITOGA)


『何のために生まれてきたのか?
 その一つの答えが『everlasting』です。』

プロフィール
ヴォーカリスト。87年、LesVIEW(レビュー)を結成。ライブハウス、原宿ホコ天等の活動で動員を増やし、シンコーミュージック、ファンハウスと契約。90年、アルバム『今だ、よみがえれ』でメジャーデビュー。93年解散。96年、ITOGAとしてソロデビュー。以降ポニーキャニオンより2枚のシングルをリリース。現在は、専門学校講師やフリーのヴォーカリストとしての活動の傍ら、DigitalSpicyDuckというバンドでも活動中である。

   
   
 
栗原務(TSUTOMU KURIHARA)
 
『ゼロシリーズの中でも思い入れのある曲が多かったので久々に燃えました!』

プロフィール
東京都出身。84年、EUROXでワーナーパイオニアからデビュー。『機甲界ガリアン』などのアニメソングや、サントリー、ミキハウスなどのCM ソング、中森明菜、ニャンギラス等、多くのアーティストに曲提供やレコーディング参加をする。98年、EGQを結成。クラウンレコードより2枚のアルバムをリリース。現在、梅垣ルナとLu7を結成し『efflorescence』『L'esprit de l'exil』をリリース。09年にリリースされたOVA「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS」のオープニングテーマをEUROXが担当した。

   
   
 
村井俊夫(TOSHIO MURAI)

『全身、ロックマンサウンドに浸って弾いてみました。
 ロックマンのベースマンとなった瞬間でした。』

プロフィール
東京都出身。大学卒業後、作曲、演奏活動を開始。劇伴やゲーム音楽などを制作するかたわら、音楽学校等にてベース科講師・作曲科講師を務める。主な作品は「マイティーエージェント」(大映)「わが妻は…」(関西テレビ)「チャレンジシリーズ」(ベネッセ)等の劇伴、『サイバーコア(PCE)』『シンドバッド地底の魔宮((PCE)』『モンスターメーカー(GB,FC)』シリーズ他、CM、ゲームミュージック多数。ベーシストとして、ジャズライブなどの活動も行っている。

     
 
【充実のフルカラー12Pブックレットには、開発秘話を収載!】
フルカラー12ページブックレットを大紹介!
 ジャケットは中山徹、新作描き下ろし!
 フルカラーブックレットには、プロデューサーIPPOのライナーノーツ、アレンジャー川上領による全曲解説、
 『開発者コメント2010』と題し、ロックマンゼロ第1作目の主要開発者によるコメント等を掲載!
 
2014/09/26更新